三井情報(MKI、下牧拓社長)は4月27日、仮想化IT基盤を活用したクラウド基盤サービス「Type VM」を、センテンスのオンラインショッピングサイト「B-tops」に導入したと発表した。

 「Type VM」は、サーバーやストレージなどの「仮想化IT基盤」に必要な基本構成を、仮想サーバー単位や必要なリソース単位としてパッケージで提供するので、小規模なシステム構築から始めることができる。センテンスは、現状で必要な範囲だけに「Type VM」を活用し、インターネットショッピングサイトの今後のトラフィック需要に合わせて柔軟な拡張を行うことにした。これによって、初期投資を必要最小限に抑えた導入できた。

 「Type VM」利用と同時進行で、これまで大阪に配備していた社内向けシステムを、ITシステム部門が拠点を置く東京に移設するプロジェクトにも取り組んだ。MKIグループのデータセンター「東京西データセンター」を活用し、「Type VM」によるクラウドサービスと物理サーバーを組み合わせた「ハイブリッド型」のシステムを実現した。