NTTデータ(山下徹社長)と野村総合研究所(NRI、嶋本正社長)は、5月21日、3か年にわたって研究と提言を行ってきた「ITと新社会デザインフォーラム」の活動を総括する成果発表会を開催した。

 活動では、両社共同で情報サービス業界での“デザイン”のあり方を追求。2012年度以降は、それぞれのビジネスで実践するとともに、3年間で蓄積した知見を業界や社会全体に広めていく活動を継続していく。

ふだんは激しい競争で火花を散らすNTTデータとNRIだが、「ITと新社会デザインフォーラム」のときだけはひとときの休戦。ときおり笑顔もこぼれるNTTデータの山下徹社長(左)とNRIの藤沼彰久会長

 “デザイン”のあり方を追求した背景には、情報サービスビジネスが“コストと納期”の単純な競争に終始しがちであることに危機感を覚えたことにある。例えば、パリのエッフェル塔は、建築家のエッフェル氏の名前が残っている。また、国立新美術館の設計は建築家の黒川紀章氏が手がけたことはよく知られている。情報システムでも「設計者の名前が残る仕事」(NTTデータの山下徹社長)に挑戦することで、「当社でなければできない」(山下社長)という付加価値が高まるとみる。

 NRIの藤沼彰久会長は「3年間の研究成果を踏まえて、デザイン型人材の重要性を語るエバンジェリストの一人として活動していきたい」と、自社だけでなく、ユーザーや社会全体をも巻き込んだ啓発活動に取り組んでいく考えを示した。(安藤章司)