野村総合研究所(NRI、嶋本正社長)は、5月18日、インドネシアの首都ジャカルタに「NRI APACジャカルタ駐在員事務所」(NRI APACジャカルタ、吉田信克代表)を開設したと発表した。シンガポールの実質的なASEAN地域統括会社の役割を担うNRIアジア・パシフィックの傘下で、主にインドネシア地域の流通・物流業向けのコンサルティングや、ITソリューションサービスを担う。

 NRIグループは、2011年以降、インドでのコンサルティング拠点の設立や、インドの市場調査会社への出資・業務提携、インドIT企業の子会社化などを進めてきた。今年4月には、シンガポールの現地法人をNRI APACに昇格させてアジア事業展開の中核拠点とするなど、アジアでの事業体制強化を進めている。今回のジャカルタ事務所の開設も、こうした取り組みの一環。(安藤章司)