オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)と日本マイクロソフト(樋口泰行社長)が、中堅企業向けクラウドサービスの提供・販売に関して協業することがわかった。「Microsoft Windows Azure Platform」を開発・提供基盤としたクラウドサービスを提供する。

 協業の第一弾として、OBCはERP(統合基幹業務システム)パッケージ「奉行V ERP」の顧客向けに「奉行クラウドオプション」製品群を用意。「奉行クラウドオプション 仕訳伝票 for 勘定奉行V ERPシリーズ」「奉行クラウドオプション 給与賞与明細照会 for 給与奉行V ERPシリーズ」「奉行クラウドオプション 勤怠管理 for 就業奉行V ERPシリーズ」の3製品を皮切りに、OBCの販売パートナーを通じて6月6日から販売する。

 「奉行クラウドオプション」は、オンプレミスで運用する「奉行V ERP」に連携する追加オプションで、中堅・上場企業やグループ企業が主な対象。複数拠点・複数担当者で処理する機会の多い業務に焦点を当てる。(信澤健太)