フォースメディア(池田譲治代表取締役)は、台湾QNAP Systems社のビジネス向けNAS(ネットワーク対応ストレージ)新製品「TS-x69シリーズ」3機種(TS-869Pro/TS-669Pro/TS-469Pro)を、6月下旬に発売する。

 「TS-x69Proシリーズ」は、CPUにインテルAtom 2.13GHz デュアルコアを搭載したビジネス用途に適したNAS。メモリは標準で1GBで、最大3GBまで増設することができる。HDDはSATA3規格に対応し、USB3.0にも対応している。

 全モデルが「VM ware Ready」「Citrix Ready(XenServer6.0対応)」の認証取得済みで、「Microsoft Hyper-V」にも対応。仮想化用の共有ストレージとして最適となっている。ファイルサーバー用途やバックアップ先として、また災害対策のデータレプリケーションとして運用することもできる。また、それぞれの機種にHDD搭載モデルを用意している。

 さらに、フォースメディア独自のサポートメニューとして、オンサイト保守(3~5年)や先出しセンドバック保守(3年もしくは5年)を用意する。