フォースメディア(池田譲治社長)は、6月19日、台湾のQNAP Systems(QNAP)が開発・販売するNAS「TurboNASシリーズ」の管理用ソフトの最新版「V3.7」を提供開始したと発表した。

 「V3.7」は、Windowsのアクセス制御リスト「Windows Access Control List(Windows ACL)」に対応。情報システム管理者は、Windowsのシステムに格納されているデータへのアクセス制限を簡単に設定することができる。

 また、iOS向けの新アプリケーションソフト「Qfile」を提供。「Turbo NAS」に保存しているファイルの管理・検索機能をもち、スマートフォンとタブレット端末からファイルの閲覧・ダウンロード/アップロードができる。