ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)は、次世代ICT基盤のデモンストレーションを体感する「ソリューション・ブリーフィング・センター」を、7月2日にTFTオフィス(東京都品川区)に設立する。自社で検証済みの最先端マルチベンダー機器で構成している。

 「ソリューション・ブリーフィング・センター」では、(1)遠距離のデータセンター連携による「プライベートクラウドソリューション」(2)RPO(目標復旧ポイント)とRTO(目標復旧時間)双方をゼロに近づける「災害対策・災害回避ソリューション」(3)仮想デスクトップとコラボレーションツールを組み合わせて、BYOD(私物端末の業務利用)の要素も加えた「ワークスタイル変革ソリューション」――の三つのカテゴリのデモを常設で用意。これらのデモは、ネットワンシステムズの支社・支店や顧客のオフィスでも体感できる。

 ネットワンシステムズは、今後、顧客の要望や各メーカーの先端技術に応じて「ソリューション・ブリーフィング・センター」の機材・デモメニューを増やしていく。