ブランドダイアログ(BD、稲葉雄一社長)とアプレッソ(長谷川礼司社長)は、7月2日、SaaS型システムデータ連携ソリューション分野で戦略的業務提携を締結したと発表した。

 第一弾の取り組みとして、BDはアプレッソから「DataSpider Servista(DataSpider)」のOEMを受け、SaaS型ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite」にラインアップした各「GRIDY」(グループウェア)アプリケーションと企業内の基幹システムとのデータ連携を実現する「GRIDY Ashura Powered by DataSpider(GRIDY Ashura)」を共同開発する。今夏にリリースする予定。

 「GRIDY Ashura」は、システムデータやアプリケーションを自由につなぐことができる「Knowledge Suite」専用のシステムデータ連携ツール。利用中の人事システムや販売管理システムなどの基幹システムと「Knowledge Suite」との相互連携利用を実現し、短期間・低コストでデータ連携を実現する。これによって、「Knowledge Suite」の導入時に、既存の基幹システムに手を加えることなく、豊富なデータ連携アダプタを選び、 容易にマスタ情報の受け渡しや各アプリケーションからのデータ連携・移行を行うことができる。

 税別価格は、初期費用として初期環境設定費用が30万円から、接続スクリプト開発が個別見積もり。月額費用は、基本料が2万5000円、アダプタ利用料が2万円から。