ブランドダイアログ(稲葉雄一社長兼CEO)は、システムインテグレータ(SIer)のインタラクティブ・コミュニケーション・デザイン(ICD、曽我英治社長)とパートナー契約を締結した。

 ブランドダイアログは、統合ビジネスアプリケーション「Knowledge Suite」の中堅・大企業への導入が加速するなかで、急増する基幹システムとの連携や他のアプリケーション連携ニーズへの対応が遅れていた。また、他のクラウドサービスのインテグレーション業務で人的リソースが不足しており、多くのユーザー企業からの要望に応えることができる体制強化が急務となっていた。

 一方、ICDはSIerとして数多くのシステムソリューションや受託開発を手がけるとともに、近年はモバイルソリューションプロバイダとしての実績を重ね、クラウド市場への参入を模索していた。

 パートナー契約を結んだことで、両社は「Knowledge Suite」の技術トランスファーや新規サービス開発、顧客ニーズへの早期対応などで業務連携し、「Knowledge Suite」の拡販を進める。ICDは「Knowledge Suite」の技術パートナーとしてだけでなく、正規の販売パートナーとしても販売を推進する。

 なお、パートナー契約の第一段の取り組みとして、5月8日にリリースした「GRIDY SmartPhone for iPhone」のアプリケーション開発を両社で行い、スマートデバイスへの対応を進めている。