IDC Japanは、7月2日、2012ー2016年の国内中堅中小企業(SMB)のIT市場予測を発表した。

 2012年の国内SMBのIT市場規模は3兆5490億円で、前年比マイナス0.6%となった。東日本大震災の復興需要が期待されたが、電力不足や円高、欧米経済動向への不安、また大手製造業の海外移転などの影響から、IT投資はいまだに抑制される傾向にある。

 産業分野別の成長率では、12年の情報サービス市場を前年度比1.5%と、プラス成長を予測。13年からはIT投資も回復の兆しをみせ、15年頃には本格的に回復するとしている。

 地域別では、近畿地方、九州・沖縄地方が12年もほぼ横ばいで、他地域はマイナス成長。北海道/東北地方は12年はマイナス4.0%だが、13年は復興需要でプラス成長に転じるとしている。14年は全地域でマイナス成長と予測した。

 市村仁・ITスペンディングシニアマーケットアナリストは、「ITベンダーは、市場拡大を図るために、SMBのIT活用が進んでいない分野に積極的にITソリューションを提案することで、『隠れたITニーズ』を掘り起こす必要がある」としている。(真鍋武)