IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、国内製品別IT市場の2011年第4四半期(10~12月)の実績と2012~2016年の市場予測を発表した。2011年の国内IT市場規模は、前年比成長率マイナス1.0%の13兆967億円。国内IT市場に通信サービスを加えた国内ICT市場は、マイナス0.9%の24兆4045億円だった。

 2011年の国内の景気は、東日本大震災や欧州財政問題、タイの洪水などの影響を受けて低迷した。この影響で、国内IT市場、国内ICT市場ともにマイナス成長となった。2012年は、復興財政支出や金融緩和によって景気が浮揚し、スマートフォン、タブレット&eReader、ITサービス、ソフトウェア、ストレージ、データ通信サービスが成長し、国内IT市場、国内ICT市場ともにプラス成長となる見込みだ。

 2012年の国内IT市場規模は、前年から1.1%伸びて13兆2452億円と予測。国内ICT市場規模は、0.7%伸びて24兆5,652億円とみる。国内IT市場の2011~2016年の年間平均成長率(CAGR)は0.4%で、国内ICT市場は0.1%となる見込み。2016年には、国内IT市場規模が13兆3519億円、国内ICT市場規模が24兆5622億円にまで成長すると予測する。

 和田英穂・ITスペンディング/ソフトウェア&セキュリティグループディレクターは、「今後のIT/ICT市場の成長は、IDCが提唱する“第3のITプラットフォーム”(クラウド、モビリティ、ソーシャル、ビッグデータ)に関連した製品がリードする。ITベンダーは、第3のITプラットフォームに早期に取り組むことが生き残りには必須」と分析している。(信澤健太)

国内ICT市場実績と予測:2011年~2016年