IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、4月16日、国内クラウドコンピューティング(クラウド)向けソフトの市場動向調査結果を発表した。

 IDC Japanのクラウド向けソフト市場の定義は、「パブリッククラウドとプライベートクラウドで使用されるソフトの売上額」。2011年の市場規模は、パブリッククラウド向けソフトが、前年比14.4%増の1179億8600万円、プライベートクラウド向けソフトは31.5%増の581億1700万円と分析した。CRMソフトやコラボレーションソフト、仮想化ソフトなど、とくにIaaS向けのインフラソフトが伸びた。

 今後の見通しとして、11年~16年の年平均成長率(CAGR)で、パブリッククラウド向けソフトが19.6%、プライベートクラウド向けソフトが31.5%の数字を挙げている。(木村剛士)

国内クラウドコンピューティング向けソフト市場予測