日本マイクロソフト(樋口泰行社長)は、明光商会(土岐勝司社長)に「Office 365」の納入を開始した。明光商会の全従業員300名が利用するグループウェアに「Office 365」の「Exchange Online」「SharePoint Online」を納入する。

 明光商会は海外展開を視野に入れた経営戦略を進めており、業務効率化、コミュニケーション円滑化のためのITシステムの刷新として、「明光グローバルシステム」を展開している。その一環として、グローバル展開を見据えた社内システム基盤として「Office 365」を導入する。

 明光商会の増田達哉情報システム部部長は「これまでのグループウェアでは、ユーザー数の増加や活用が進むにつれ、使い勝手に関する課題が増えていた。また、サーバーへの負荷やデータ損失リスク、運用コストも問題になっていた。より『使えるIT』が求められているなかで、クラウドへの移行メリットも踏まえて今回の導入を決めた」としている。(真鍋武)