フォースメディア(池田譲治代表取締役)は、7月11日、QNAP社のビジネス向けNASに、ニアラインHDDと4TB HDDを搭載したモデルを追加し、7月中旬に発売すると発表した。

 ニアラインHDDは、エンタープライズストレージ向けのHDDで、MTBF(平均故障時間)が約120万時間と高い信頼性を確保。ミッションクリティカルな運用や長期稼働を目的とした運用に適している。同時に、多くの要望があった4TB HDD搭載モデルもラインアップに追加。「TS-EC1679U-RP」と組み合わせることで、最大64TBの大容量に対応する。

 対象モデルは、「TS-x69シリーズ」と「TS-x79シリーズ」。ニアラインHDDについては、容量1TB、2TB、3TBから選択することができる。フォースメディアは、ニアラインHDD搭載モデルによってハイエンド市場を開拓する。