サクサホールディングスの中核会社であるサクサ(越川雅生社長)は、安全なデータ管理を実現し、簡単に導入できる中小企業向けのファイルサーバー「SB1000」を、8月3日に発売する。

 ユーザーは、「SB1000」にアクセスするためのツールをパソコンにインストールするだけで、バックアップ・リモート接続・共有フォルダへのアクセスを利用できる。定期的に自動バックアップを行うので、誤ってデータを削除してしまったときや、パソコンが破損してしまったときでも、データを復旧することができる。

 自己診断・通知機能を搭載し、例えばCPUの温度上昇などの異常を発見した場合、サポートセンターに自動でメールを送信し、故障を防止する。5年間の無償機器保証つき。

 価格は94万円。今後はハードの提供だけでなく、クラウドによるバックアップサービスをオプションとして提供する予定。サクサは3年間で3600台の販売目標を掲げている。(真鍋武)