東日本大震災の直後にスタートした今年度(2011年4月~12年3月)。x86サーバーの出荷台数にも悪影響が出ることが予想されたが、実績はその不安とは裏腹に大きく成長した。上期(4~9月)は、前年同期に比較して6.7%伸び、27万台に迫る勢い。このままいけば、通期で4年ぶりの54万台超えもありそうだ。IT産業全体の浮き沈みのバロメータとなるx86サーバーの販売状況を、最新データをもとに俯瞰する。(文/木村剛士)