サイボウズ(青野慶久社長)は、発売開始から8か月で1500社を超える企業が導入しているクラウドサービス「cybozu.com」に関する理解を深めてもらうため、第2回となる「cybozu.comカンファレンスII」を9月26日に開催すると発表した。

 今年3月に開催した第1回は約500名の来場者を集めたが、今回はより多くの来場者に対応できるよう、会場・内容ともに規模を拡大。東京ドームホテルの地下1階フロア全体を会場にする。青野社長による基調講演のほか、サイボウズの共同設立者である畑慎也サイボウズ・ラボ社長の講演、山本泰字執行役員リードプログラマー兼アーキテクトによる「cybozu.com」の技術解説など、全12セッションの分科会を用意。ユーザーの成功事例も多数紹介する。

 なお、当日はメインクラウドサービスのメジャーバージョンアップについての発表も予定している。参加費は無料で、定員は1000名。