デル(郡信一郎社長)は、第3世代インテルCore iプロセッサを搭載する次世代モバイルワークステーション「Dell Precision M4700」「Dell Precision M6700/M6700 Covet」を7月31日に発売した。

 新製品は、終日稼働に対応するバッテリ、高速メモリ、高い拡張性、豊富なストレージなどによって、場所を問わず効率的な業務を実現するモバイルワークステーションシリーズ。高速・正確な計算性能を必要とするアプリケーションをストレスなく使用することができる。「Dell Precision M6700」は、NVIDIA 3D Vision Proソリューションを搭載し、3次元立体映像でも場所を問わずに再現。医療画像処理やCG、映像デザイン、動画・映像編集、コンテンツ制作などに最適だ。

 「Dell Precision M4700」(15インチ)は、すぐれた携帯性と性能を装備。「Dell Precision M6700」(17インチ)は、タワー型ワークステーションと同等の性能と、高度なグラフィックス処理を備える。さらに「M6700」では、鮮やかなフェニックスレッドの「Covet」が再登場した。

 価格は、「Dell Precision M4700」が18万600円から、「Dell Precision M6700」が21万5880円から、「Dell Precision M6700 Covet」が60万5692円から。