デル(郡信一郎社長)は、オープンなネットワークフレームワークである仮想ネットワークアーキテクチャ(VNA)のポートフォリオに、ビッグデータ対応の新ソリューションとなる40GbE(ギガビット・イーサネット)対応のブレードサーバースイッチ「Dell Force10 MXL 10/40GbE」を追加し、7月26日に発売した。

 ネットワーク機能やサービスの仮想化、自動化、オーケストレーションに最適化したブレードサーバースイッチ。「Dell PowerEdge M1000eブレードシャーシ」でこれまでにない帯域幅を実現し、データセンター、大企業、政府、教育・研究機関、ハイパフォーマンスコンピューティングなどの環境で求められる多様なニーズに対応する。1/10/40GbEレイヤ2/レイヤ3ブレードスイッチは、Force10オペレーティングシステム(FTOS)で稼働し、ブレードの帯域幅、拡張性、パフォーマンス、運用を容易にする。

 ユーザー企業は、ポートを統合し、成長に合わせたコスト効率にすぐれたソリューションを導入できる。イーサネットスタッキングで、最大6個のスイッチモジュールを単一のエンクロージャに設置したり、複数のエンクロージャを単一の論理デバイスとして管理したりできる。FlexIOモジュールが備えているネットワーキングの柔軟性を通じて、40GbE QSFP+、10GbE SFP+、10GBase-Tの各ポートをサポートする。

 税別価格は、最小構成で109万3399円から。