デル(郡信一郎社長)は、ビジネス向けデスクトップPC「Dell OptiPlexシリーズ」、ノートPC「Dell Latitudeシリーズ」「Dell Vostroシリーズ」のノートPCの新製品計15製品を発売した。生産性向上に結びつくエンドユーザーコンピューティングを強化して、インテルの最新プラットフォームを搭載した。

 新製品は、衝撃を吸収する技術を搭載、新たに追加したラバーハードドライブによって、データを衝撃から保護する。第3世代インテル Coreプロセッサを搭載するとともに、9セルバッテリオプション+バッテリスライス+ベイで約32時間のバッテリ駆動を実現。最大8GBメモリ、統合グラフィックを備える。最大256GB SSDと、1時間の充電で80%充電する「ExpressCharge」の搭載にオプションで対応する。

 最新の第3世代インテル Core vProプロセッサー・ファミリーに搭載されているIntel Active Management Technology 8.xをサポート。「Latitude E」シリーズと「OptiPlex」シリーズで先進的なリモート管理ができ、帯域外の管理も行うことができる。

 さらに、「Dell Data Protection Encryption」機能によって、米国連邦政府が定める情報処理標準規格の最高レベル「140-2 レベル3認証」を、デル独自の「Hardware Encryption Accelerator」とともに提供。Intel Identity Protection Technologyに対応し、セキュアな認証処理と認証データの保護ができる。オプションで、スマートカード、非接触型スマートカード、指紋リーダーでの高度な認証にも対応する。

 USB 3.0を標準で提供し、スリープモード時にUSB 3.0デバイス給電ができるUSB Powershareに対応する。このほか、オプションでBluetooth 4.0に対応し、周辺機器との接続性を向上している。

 主な新製品の価格は、デスクトップPC「Dell OptiPlexシリーズ」のフラッグシップモデル「9010MT」が12万732円から、「9010DT」が11万9682円から、「9010 AIO(All-in-One)」(23インチ一体型PC)が14万52円から、「9010XL」(OEM専売モデル)が個別見積もり。メインストリームモデル「7010MT」が11万3224円から、「7010DT」が11万2174円から。エントリーモデル「3010MT」が10万4982円から、「3010DT」が10万3932円から。

 ノートブックPC「Dell Latitudeシリーズ」の「E6530」(15.6インチHD LED)が16万7900円から、「E6430」(14インチHD LED)が16万1150円から、「E6430 ATG」(堅牢性モデル)が21万3700円から、「E6330」(13.3インチHD WLEDスクリーン)が17万1700円から、「E6230」(12.5インチ HD WLED液晶)が15万6860円から、「E5530」(15.6インチHD LED)が13万6800円から、「E5430」(14インチHD LED)が13万5700円から。「Dell Vostroシリーズ」の「3360」(13インチ)が5万9980円から、「3460」(14インチ)が5万7980円から、「3560」(15インチ)が5万4980円から。