電通国際情報サービス(ISID、釜井節生社長)は、7月31日、米アマゾンウェブサービス(AWS)の提供するクラウドサービス「AWS」上で、独SAPの中堅企業向けERP(統合基幹業務)ソリューション「SAP Business ALL-in-one」のシステム構築サービスを開始した。

 SAPソリューションを利用するユーザー企業向けに、AWS上でSAPソリューションの開発・検証・本番環境を提供するサービス。ISIDのクラウドサービス「CLOUDis」のラインアップとして拡販する。ユーザーは、クラウド上でSAPソリューションを利用することができるので、サーバーやネットワークなどのハードウェア資産を所有する必要がなく、コストを削減できる。

 例えば、障害が発生したときにSAPソリューションの利用環境をすぐに立ち上げるディザスタリカバリ(DR)や、SAPソリューションをアップグレードするときのインフラにすることができる。ISIDは、クラウドサービス事業で2013年度に70億円の売り上げを目指している。(真鍋武)