SAPジャパン(安斎富太郎社長)は、7月30日、短期間に安価で導入できるパッケージ製品「SAP Rapid Deployment Solutions」で、5種類の新製品を発表した。

 「SAP Rapid Deployment Solutions」は、SAPのアプリケーションソフトウェアライセンスに導入/教育サービスを付加したパッケージ製品。業種・ビジネスプロセス・業務部門の要件などから必要な機能を選択し、事前に設定することで、3か月以内の短期間・固定価格で導入できる。価格は約1000万円から。

 インメモリコンピュータ「SAP HANA」関連製品として、DWH(データウェアハウス)モジュール「SAP NetWeaverBW」の既存のデータベースを「SAP HANA」に移行する「Rapid database migration of SAP NetWeaver Business Warehouse to SAP HANA」、会計管理ソフトウェア「SAP ERPレポート」を「SAP HANA」でリアルタイムで分析する「SAP ERP Rapid Deployment Solutions for operational reporting with SAP HANA」を発表した。

 このほか、「SAP ERP」などのSAPソフトウェアを各システムに接続する「Rapid Deployment solutions for Mobile applications and Infrastructure」、モバイル端末の社内展開に必要な端末管理・セキュリティ管理を行う「Afaria rapid-deployment solution」、従業員のウェブによる購買活動を簡易化する「SAP SRM Self-Service Procurement rapid-deployment solution」を発売した。

 また、2011年5月に発売した「SAP CRM Rapid Deployment Solution」のチャネルパートナー向けの再販プログラムをスタートした。参加するのは、SCSK、キヤノンITソリューションズ、東洋ビジネスエンジニアリング、日本コンピュータシステム、日本ソフトウエア、日立製作所の6社。(真鍋武)