SAPジャパン(安斎富太郎社長)は、グローバル展開を進める日本企業向けに、富士通が「SAP Business Suite」の基本テンプレート群である「SAP Best Practices」をベースにしたソリューションを4月末に提供すると発表した。

 富士通は、財務、人事、販売などのモジュールをカバーする「SAP BestPractices」の基本シナリオ「Baselineシナリオ」と、自動車、化学、食品などの業種に対応する「SAP BestPractices」の業種別のシナリオ「Industryシナリオ」を、グローバル展開を進める企業向けに組み合わせて提供する。M&Aの際や、拠点で生産・販売などの業務形態が混在したりしている場合に合わせて、最適なシナリオを提供する。また、展開拠点別の業務・各国ローカライズの一括対応によって、プロジェクトリスクを軽減し、導入期間を短縮する。

 富士通は、ユーザー企業をサポートするためにSAPジャパンが開始したパートナー支援プログラム「SAP Partner Globalization Program」を活用して、独SAP本社で「SAP Best Practices」の共同検証を実施。支援プログラムの1社目として参加し、SAP本社や上海にあるSAPラボで富士通本社と海外拠点のグローバル統合検証を進めてきた。(信澤健太)