システム運用管理ソフトウェアを提供するビーエスピー(BSP、竹藤浩樹社長)の中国子会社、BSP上海は、中国での販売活動の拡大を目指して、現地の有力IT販社であるBIT上海との業務提携を強化する。

 BSPは、BSP上海のオフィスを移転し、9月10日に営業を開始する。これに先駆けて、中国で幅広い販売網をもつBIT上海と協働し、同社の代理店であるITベンダー14社を通じた営業活動を展開。BIT上海とのパートナーシップの強化によってBSP上海の販売力を強めることで、中国ビジネスを拡大する。(ゼンフ ミシャ)