ITシステム運用管理ソフト開発のビーエスピーは、次の10年を見据えた戦略的投資に踏み出した。ITライフサイクル全体をカバーする製品づくりを推進することで、中核事業である運用管理分野における競争力を高める。開発したシステムを本番環境へ移行する工程を自動化する独自フレームワークを策定、年内をめどに製品化を目指す。海外展開も積極的に進めることで事業を拡大させる。