デル(郡信一郎社長)は、ユニファイドストレージの新製品「Dell PowerVault NX3600」と「Dell PowerVault NX3610」の2製品を、8月8日に発売した。

 2製品とも、「PowerVaultシリーズ」で初めてエンタープライズクラスの分散型ファイルシステム「Dell Fluid File System(FluidFS)」を採用。先進的で高度なスケールアウトNASの機能が、中小規模システムで利用できる。また、ユーザー企業のニーズに合わせて拡張できる柔軟性・高可用性を備える。

 さらに、ストレージアレイの「PowerVault MD32x0i」と「MD36x0i」を組み合わせることで、iSCSI、CIFS、NFSアクセスを提供するユニファイドストレージを構築できる。ブロックデータとファイルデータを共通のプラットフォームで管理できるので、データを効率的に運用・管理できる。シャーシを「Dell PowerEdge」の第12世代ラックサーバーと共通化し、3Uから2Uに変更することで省スペースを追求した。

 「Dell PowerVault NX3600」は、1GbE経由でSANとクライアントに接続できる。バックエンドストレージの「PowerVault MDシリーズ」と連携し、ファイル/ユニファイドストレージ容量を最大576TB(利用可能領域)まで拡張できる。税別価格は、最小構成で83万2000円から。

 「Dell PowerVault NX3610」は、10GbE接続をカバー。バックエンドストレージの「PowerVault MDシリーズ」との連携で、ファイル/ユニファイドストレージの容量を最大1PB(利用可能領域)まで拡張できる。シングルネームスペースで2台にまたがるスケールアウトをサポートする。税別価格は、最小構成で105万5000円から。