NEC(遠藤信博社長)は、中規模の仮想化共通基盤構築向け製品「Cloud Platform Suite(CPS)スタンダードパッケージR2」を8月30日に発売した。

 製品(サーバー、ストレージなどのハードウェアとOS、仮想化ソフトなどのソフトウェア)の事前設計・検証をはじめ、初期構築、説明書、運用ガイドラインなどのドキュメントをまとめて提供する仮想化共通基盤構築のためのセット製品。増設が必要な場合でも、増設ユニット(ブレードサーバー、ストレージなど)を追加するだけで、容易にシステムを拡張できる。

 これまで大規模の仮想化基盤向け製品で導入していたリソースプーリングの思想をもとに設計しているので、システム利用者は、サーバー、ストレージ、OSなどのITリソースを必要に応じて利用できる。仮想マシン100台程度までの中規模仮想化基盤の構築に適している。

 税別価格は2900万円から。NECは、「Cloud Platform Suite」シリーズ全体で、今後2年間で200セットの販売を見込んでいる。