NEC(遠藤信博社長)は、オラクル製データベースマシン「Oracle Exadata」の一次保守サービスとSI支援サービスを発売した。

 「Exadata」の一次保守サービスは、NECが国内のオラクルパートナーのなかで初めて提供する。NECがもつオラクル製品の保守サービスセンター「NEC Oracleレスポンスセンター(NEORC)」が窓口となり、問い合わせを受け付け。グループ会社のNECフィールディングの全国約400か所に設置するサービス拠点と、4000人のエンジニアのサポートサービス拠点を生かして修理・メンテナンスサービスを手がける。

 SI支援サービスは、NECが「Oracle Exadata」の初期セットアップサービスと、本番システム向けのデータベースの作成サービス。システムを稼働させるまでの時間を短縮することができる。

 NECは、保守とSI支援サービスを販売するだけでなく、「Oracle Exadata」とNECの運用管理ソフトウェアやバックアップソリューションなどを組み合わせた「Oracle Database統合インフラ向けソリューション」もメニュー化し、拡販する計画。