日立製作所(日立、中西宏明社長)とSAPジャパン(安斎富太郎社長)は、9月5日、MDM(モバイル・デバイス・マネジメント)分野での協業に合意したと発表した。

 SAPジャパンのMDMソフトウェア「SAP Afaria(エスエーピーアファリア)」をベースに、日立の統合システム管理ソフト「JP1(ジェイピーワン)」と連携したMDMサービスを共同で開発し、10月中に国内市場での提供を開始する。両社の技術を融合することで、スマートデバイスとPCの一元的な管理や、端末数万台程度の大規模な利用に耐えるMDMサービスを目指す。

 協業に伴い、SAPジャパンは本社のAfaria開発部門に日立向けの技術支援窓口を設置し、技術的な検証、評価、今後のロードマップの共有などを実施。日立と連携して、国内市場のニーズや「SAP Afaria」に関する要望をAfaria開発部門へフィードバックする。また、合同セミナーの開催など、共同でマーケティング活動を行う。(真鍋武)