日立製作所(中西宏明社長)は、8月24日、ストレージソリューションの製品展開を段階的に強化すると発表した。その第一弾として、エンタープライズディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform(VSP)」にフラッシュ媒体の一つであるSSDを活用してデータ処理を高速化する「Flash acceleration」を追加し、全世界での提供を開始した。

 「Flash acceleration」は、「VSP」のコントローラを、SSDを活用したデータ処理に適したかたちに強化するソフトウェア。SSDを利用した「VSP」で、現行機の約3倍となる100万IOPS以上のデータ読込み速度を実現する。すでに導入されている「VSP」に追加して利用することもできる。

 価格は、1334万9700円。