ニュース

SAPジャパン、UIを刷新したMDM「Afaria」の最新版、「BusinessObjects」と連携

2012/03/06 20:07

 SAPジャパン(安斎富太郎社長)は、モバイル・デバイス・マネジメント・ソフトウェア(MDM)「Afaria」の最新版を、3月末に提供する。

 最新版の「Afaria 7.0」は、ユーザーインターフェース(UI)を刷新。モバイル管理画面をウェブブラウザ(Internet Explorer、Chrome、Safari、Firefox)ベースにした。ウェブアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を追加したことで、ユーザーやパートナーは既存のシステムと「Afaria」をより容易に連携させることができる。

 このほか、「SAP BusinessObjects Explorer」や「SAP BusinessObjects Web Intelligence」など、「SAP BusinessObjects」ソリューションとの連携で、OSやキャリアごとの端末数、月ごとにインストールしたモバイルアプリケーション数、端末のローミングアクティビティ(データ通信、通話など)などの情報を、ドリルダウン分析できる。(信澤健太)
  • 1

関連記事

SAPジャパン、事業戦略を発表、15年までに売り上げ全体の40%をチャネルビジネスで

SAPジャパン、ビッグデータ活用調査、経営層の最大の課題は「リアルタイムな情報活用」

SAPジャパン 社長 安斎富太郎

SAPジャパン モバイル分野に攻勢をかける 新機軸の商流開拓に着手

外部リンク

SAPジャパン=http://www.sap.com/japan/index.epx

おすすめ記事