サイオステクノロジー(サイオス、喜多伸夫社長)とミラクル・リナックス(児玉崇社長)は、統合監視システム「Zabbix」サーバーの堅牢性を高める「LifeKeeper」用オプション製品「Recovery Kit for Zabbix」を発売した。サイオスが販売とサポートを手がける。

 「Zabbix」を利用した監視用サーバーに対する高可用性を求める声に応え、「LifeKeeper」のオプション製品としてサイオスとミラクル・リナックスが共同で開発したソフトウェア。「LifeKeeper」がもつARK(Application Recovery Kit)フレームワークの機能を活用し、「Zabbix」サービスを提供するためのプロセス(httpd、zabbix-server、mysqld)の死活/稼働状態の監視機能を提供することで、「Zabbix」が稼働するサーバーを「LifeKeeper」で容易にHAクラスター化する。

 「Recovery Kit for Zabbix」を利用することによって、「Zabbix」サーバーの障害検知を適切に行い、必要に応じてフェイルオーバーを実施。ソフトウェア/ハードウェア障害の際にも監視サービスを継続する。