サイオステクノロジー(喜多伸夫社長)は、6月6日、企業によるスマートデバイス導入を支援するサービス「サイオス スマートデバイス ソリューション」の提供を開始した。

 企業がスマートデバイスを業務に導入する際に発生するさまざまな課題を解決するトータルサービス。活用方法、機種選定、設定内容の詳細、セキュリティ対策、アプリケーション選定、運用ルールや業務プロセスの策定など、サーバーの技術に強みをもつサイオスが、モバイルデバイスからサーバーまでのシステム全体を通じた最適な導入を実現するコンサルティングを提供する。また、大量のスマートデバイスを導入する際の面倒な初期設定を自動化し、複数台の同時処理ができる。時間短縮によって、コスト削減も実現する。

 スマートデバイスの導入から、運用・使用停止に至るまでを一括管理するモバイルデバイスマネジメント(MDM)を提供。紛失時の遠隔データ消去やアプリの配布などの必須機能を搭載しているほか、MDMとID統合管理を連携させることで、IT全般にわたる最適な認証システムを構築できる。

 また、デバイス認証証明書を発行し、不正な端末や許可されていない端末からのネットワーク接続を防ぎ、企業と組織のネットワーク全体のセキュリティを確保する。