日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小出伸一社長)は、9月19日、ハイブリッドクラウド環境の構築を支援するエンタープライズ向けの「ハイブリッドクラウド連携サービス」の提供を開始したと発表した。

 新サービスは、OpenStackやCitrix CloudPlatformなどのOSSを利用したクラウド基盤の構築を支援する「オープンソースクラウド基盤ソリューション」、顧客の要件に合わせてパブリッククラウドを選択・接続する「パブリッククラウドコネクト」、システムの利用状況に応じて、オンデマンド上で別環境のリソースを利用できる仕組みを構築する「バースティング構築支援」、パブリッククラウド上へのデータの隔地保管とレプリケーションの「クラウドバックアップ構築支援」、ハイブリッド環境を管理し、リソースの配置を自動化する「統合管理環境構築支援」の五つのソリューションで構成する。

 HPは、単一のアーキテクチャでハイブリッドクラウド環境の構築、運用管理、保守を実現する戦略「HP Converged Cloud」を推進し、これまでコンサルティングサービス「HP Hybrid Delivery ソリューション」で、戦略立案、ロードマップ策定、設計、導入などのサービスを提供してきた。テクノロジーコンサルティング統括本部長の有安健二執行役員は、「新サービスによって、ハイブリッドクラウドの計画から導入・連携までをカバーする『HP Hybrid Delivery ソリューション』の一連のサービスが整った」と説明した。

 さらに有安執行役員は、「HPにとって、クラウド事業は成長エンジンだ。クラウドに関するコンサルティングサービスは、ここ2年間2ケタ成長している」と好調をアピール。ハイブリッドクラウドについては、「プライベートクラウドはミッションクリティカルな領域、パブリッククラウドはそれ以外というように使い分けるケースが多かったが、最近では両者の区別があまりなくなってきている。連携することで、ハイブリッドクラウドを実現し、どのクラウドを利用すればいいのかというユーザーの心配をなくしたい」と語った。(真鍋武)

テクノロジーコンサルティング統括本部長の有安健二執行役員