サイバーステーション(福永泰男社長)は、小規模ネットワーク・オフィス向けデジタルサイネージ製品「デジサインキューブ」を発売した。

 アイ・オー・データ機器(細野昭雄社長)の法人向けNASに、サイバーステーションが開発した「デジサイン管理・配信システム」をインストールしたデジタルサイネージ専用サーバー。セットアップウィザードによって、初回設定を簡単にしている。

 小規模運用に最適なパッケージ構成で、5~50台の利用に合わせた製品ラインアップを用意。場所を取らないコンパクトなハードウェア設計で、データのミラーリングによる運用にも対応する。

 3年と5年の保証延長オプションメニュー(有償)を用意しているほか、システム保守サービスへの加入で専用番号でのコールサポート、 最新版へのアップデートに対応する。

 税別価格は、「デジサインキューブ」が39万8000円(デジサインプレイヤー最大25台まで)、「デジサインキューブLite」が32万8000円(デジサインプレイヤー最大5台まで)。デジサインプレイヤーは、「デジサインSTB3」が8万円、「デジサインTab」が2万円。