デジタルサイネージビジネスが変容しつつある。ユーザー企業に販促のツールとして提案するという従来型のビジネスに加えて、業務効率化や営業現場の改善など会社の成長につながる情報共有のツールとして提案できる環境が整ってきた。ITベンダーにとっては、ビジネス拡大のチャンスが到来していることになる。デジタルサイネージの可能性を探った。(取材・文/佐相彰彦)