サイボウズ(青野慶久社長)は、9月26日、業務アプリケーション構築クラウド「kintone」の販売体制強化の一環として、「kintoneパートナー認定資格制度」の新設を発表した。

 林田保ビジネスマーケティング本部副本部長は、「クラウドによってSIが崩壊するという見方があったが、むしろクラウド時代ならではのインテグレーションが必要だ。APIを使ったクラウドとオンプレミスの連携はもちろん、今後はユーザー情報APIの実装、シングルサインオン対応などを進める」と説明。「kintoneパートナー認定資格制度」を通じて、パートナー企業のクラウドインテグレーションビジネスを後押しする。

サイボウズの林田保ビジネスマーケティング本部副本部長

 「kintoneパートナー認定資格制度」は、従来のサイボウズパートナー認定資格制度「かんたんシリーズ」「ガルーンシリーズ」に加えて立ち上げた資格制度。パートナー企業に対して、「kintone」のトレーニングメニューや「kintone」開発環境(デモアカウント)を無償で提供したり、技術的に支援したりする。

 「認定クラウドディベロッパー」と「認定セールスアドバイザー」の資格を新設。「認定クラウドディベロッパー」は、サイボウズが実施する技術講習会に参加して一定の技術スキルに到達し、認定試験に合格したパートナー担当者を認定する。「認定セールスアドバイザー」は、サイボウズが実施するセールスアドバイザー向け講習会に参加して一定のコンサルティングスキルに到達し、認定試験に合格したパートナー担当者を認定する。(信澤健太)