サイボウズ(青野慶久社長)は、9月12日、2014年4月までに関西に開発拠点を開設することを発表した。

 サイボウズの開発拠点と人員は、9月1日の時点で、東京本社に96人、サイボウズ・ラボに8人、松山オフィスに25人、上海子会社に52人、ベトナム子会社に21人の、合わせて202人。自社のコラボレーションツールを活用し、離れた拠点間で連携して開発業務ができる体制を敷いている。

 東京、ベトナム、松山、上海に続き、新たに関西に五つ目の開発拠点を開設するのは、採用エリアを関西圏にも拡大し、優秀なエンジニアを集め開発力を強化するため。既設の大阪営業所と一体で運営する予定だが、開設時の場所については現時点では未定。