みずほ情報総研(井上直美社長)は、10月10日、iPadを利用したペーパーレス会議や議事録作成を支援する「MHIR+SMART-1」の販路拡大に向け、インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)と日本情報通信(NI+C、野村雅行社長)の2社と販売代理店契約を締結したと発表した。

 みずほ情報総研は、昨年10月に「MHIR+SMART-1」の販売を開始して以来、みずほフィナンシャルグループ、みずほ銀行、みずほ信託銀行などのグループ内企業をはじめ、銀行、運輸、製造など、さまざまな業界の顧客に「MHIR+SMART-1」を提供している。今回、「MHIR+SMART-1」の販路拡大に向け、ネットワーク通信やシステムインテグレーションなどの事業で多くの実績をもち、幅広い顧客層を有するIIJとNI+Cを販売代理店として獲得した。