みずほ情報総研(井上直美社長)と日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、オラクルのデータベース(DB)マシン「Oracle Exadata」が、みずほフィナンシャルグループのプライベートクラウド環境のOracleデータベース統合環境(DB集約基盤)として採用されたと発表した。

 みずほ情報総研は、みずほフィナンシャルグループ向けDB集約基盤の構築プロジェクトで、2011年8月にオラクルの「Oracle Exadata」を提案。このほど採用が決定した。プロジェクトでは、サイロDB環境からDB集約基盤環境に順次集約することによって、システムの信頼性を確保しながら、システムリソースの利用率向上やITの標準化に伴う導入コストの削減を目指す。

 プロジェクトで、みずほ情報総研はDB集約基盤の設計と構築を担当。日本オラクルは、「Oracle Exadata」を活用した基盤システムの構築手法について、コンサルティング・サービスを通じてプロジェクトの円滑な推進を支援する。