NTTコミュニケーションズ(有馬彰社長)の100%子会社であるNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(NTTコム オンライン、塚本良江社長)は、10月15日、Twitter上の顧客の声をリアルタイムに把握・分析するSaaS型サービス「Buzz Finder」の提供を開始したと発表した。NTT Comを通じて、「Bizマーケティング BuzzFinder」としても提供する。

 Twitterが提供する「FireHose API」を通じて、日本語で書き込まれたすべてのつぶやきを取得・分析するサービス。Hadoopを利用した分散処理システムによる大容量の高速処理や、NTTサービスイノベーション研究所(串間和彦所長)の「リッチインデクサ」技術を用いたテキスト解析によって、リアルタイム・高精度での分析を実現。取得したTwitterデータを対象に、つぶやいた人の性別、年代、職業情報を分析したり、オプションのアラート通知機能を追加したりすることで、あらかじめ指定したメールアドレスにつぶやき数の増減などの異変を通知したりすることができる。

 1IDあたりの価格は、サポートなしの初期導入費用が10万円、月額利用料が10万円。オプションのアラート通知は初期導入費用が5万円、月額利用料が5万円。

 NTTコム オンラインは、NTT Comがオンラインマーケティングソリューション事業の強化を目的に設立した企業で、10月1日に営業を開始。資本金は14億4000万円で、現時点での従業員数は約90人(13年3月末に約150人の予定)。(真鍋武)