スターティアラボ(北村健一社長)は、オリジナルのAR(拡張現実)コンテンツを簡単に作成することができる新サービス「ActiBook AR」を11月下旬に開始する。電子ブック制作ソフト「ActiBook」のオプションサービスとして提供する。

 スマートデバイス向けアプリケーションソフト「COCOAR」を使って、紙文書などに掲載されている文字や図版、写真を取り込み、ARコンテンツを作成する。既定の容量内であれば、無制限にARコンテンツを制作できる。

 価格は月額1万5000円から。紙媒体の利用が多い出版社や印刷会社に提案する。今後は、Androidへの対応やアクセスログの解析、3Dコンテンツの対応機能などを追加する予定。