NTTコムウェア(杉本迪雄社長)は、SaaS型のスマートフォン向けAR(拡張現実)サービス「SmartCloud イメージベースAR」を、9月13日に発売する。

 サービスは、NTTコムウェアの画像認識技術を活用したソフトウェア「イメージベースAR」をクラウド上で提供するもの。スマートフォンにインストールしたアプリケーションでポスターや雑誌などの写真を撮影すると、あたかもその写真が動き出したかのように関連動画が流れ出す。

 「イメージベースAR」に加え、専用アプリケーションの作成やセンターサーバー設備などの一式をクラウド上で提供する。ユーザー企業は、スマートフォンで撮影する画像と、そこから再生させる関連動画などの素材を準備するだけで、サービスを利用することができる。

 価格は39万円から。2011年度内に約20ユーザーの新規獲得を目指す。(ゼンフ ミシャ)