日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、11月20日、顧客の行動に応じて適切なマーケティング活動を実施するクラウドサービス「IBM Marketing Center」の提供を開始した。

 インターネットブラウザ経由で利用するマーケティング担当者向けのSaaS型サービス。ウェブサイト上で顧客の行動を分析する機能や、個々の顧客に応じたコンテンツの表示機能、電子メール配信によるマーケティング機能など、従来は個別に提供していた機能を統合。ワン・ツー・ワン・マーケティングを包括的に支援するサービスとしてワンパッケージ化した。

 例えば、商品に関する過去のウェブ購買履歴を分析して、キャンペーンの対象者を絞り込み、ソーシャル・メディアやモバイル・アプリなど、それぞれの対象者が便利なチャネルから購入できるように、電子メールを配信したり、ウェブサイトのコンテンツを自動で変更したりできる。

 価格は、ウェブサイトへの月間アクセス数や電子メールの送信件数に応じて設定。小規模な構成では年間で約1000万円。(真鍋武)