コマニー(塚本幹雄社長)は、日立ソリューションズ(林雅博社長)の電子黒板「StarBoard Link EZ」と日立コンシューマエレクトロニクス(渡邊修徳社長)の超短投写プロジェクタを組み込んだ電子黒板パーティション「Wタッチパネル」を、12月3日に発売する。

 間仕切りメーカーであるコマニーが、ホワイトボード塗装技術によって書き心地と消去性を向上したパーティション「ホワイトボードパネル」をベースに、指や指し棒による書込みを実現したポータブルタイプの電子黒板「StarBoard Link EZ」と、壁面に設置でき、超短距離からの投射でも影の影響がない超短投写プロジェクタを組み込んだ電子黒板パーティション。

 オフィスの壁面に電子黒板を埋め込んで、空間を有効活用する。また、手軽に電子黒板を利用することができるので、会議資料のデジタル化、情報共有を促進する。電子黒板として使わないときは壁面をホワイトボードとして利用でき、同じ空間でデジタルとアナログを会議の内容に応じて使い分けすることができる。

 価格はオープン。コマニーは、オフィスのリニューアルや新設・建替えを行う企業をターゲットに販売を推進する。