カスペルスキー(川合林太郎社長)は、12月4日、法人向けセキュリティ製品「Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server」を発表した。2013年1月31日の発売を予定している。

 LinuxとFreeBSD環境で稼働するシステム向けに、メールフィルタリング機能を提供するセキュリティ製品。全世界のカスペルスキーユーザーから、最新の脅威に関する情報をリアルタイムに収集する「Kaspersky Security Network(KSN)」と連携し、受信メールの本文を分析することでスパムメールをブロックする。マルウェア対策には、ゼロデイ攻撃や標的型攻撃からユーザーを保護する「ZETA Shield」機能を搭載。管理画面はGUI(グラフィックユーザーインターフェース)で管理者が簡単に操作できるようにした。

 税抜価格は、アンチウイルス向けの「Kaspersky Anti-Virus for Linux Mail Server」が1ユーザーあたり年間2790円、アンチスパム向けの「Kaspersky Anti-Spam for Linux Mail Server」が1ユーザーあたり年間1860円。いずれも10ユーザーからの利用となる。

 プロダクトマーケティング部の松岡正人部長は、「カスペルスキーは、2004年から日本でビジネスをしており、コンシューマ向けの製品を中心に展開してきた。今後は、エンタープライズやSMB(中堅・中小企業)に向けたビジネスに注力する。法人の領域で、コンシューマと同等の売り上げを目指す」と意気込みを語った。(真鍋武)

プロダクトマーケティング部の松岡正人部長