シマンテック(河村浩明社長)は、11月13日、グローバルのセキュリティ状況を監視するセキュリティオペレーションセンター「TOKYO SOC(東京SOC)」を都内に開設したと発表した。

 専門家が常駐し、世界約200の国や地域のセキュリティ脅威をリアルタイムで収集・分析。企業向けにセキュリティ監視・管理サービス「マネージド セキュリティ サービス(MSS)」を提供する。MSSは、収集した脅威データソースに日本の状況を加味して24時間365日監視するだけでなく、侵入検知/防止、インシデント報告・レポート、オンサイトサポート、対応策の提案までのトータルなセキュリティサービスを提供する。

 「東京SOC」は、オーストラリア、英国、米国、インドに次ぐ5か所目のセキュリティオペレーションセンターで、インシデント報告・レポートなど、各種サービスが日本語に対応した。(真鍋武)