大手セキュリティメーカーが、中堅・中小企業(SMB)向けセキュリティサービスの展開を本格化する動きが顕著になっている。SMB市場開拓で後発のマカフィーは、1年前に就任したジャン・クロード・ブロイド社長の下で、2013年、SMB事業のパートナー体制を一新。SMBを得意とする1次販売店(ディストリビュータ)の数を約10社に絞り、支援を強化する。販社によるインフラや顧客サポートへの投資を促す狙いだ。また、今年前半からSMB向けサービス展開に注力しているトレンドマイクロとシマンテックも、SMBビジネスの拡大に向けて動いている。共同セミナーの開催や、パートナーへの直接訪問などの施策を講じて、販社への接触を密にする。(ゼンフ ミシャ)