トランスウエア(松田賢代表取締役)は、12月12日、クラウド型メール誤送信防止サービス「Active! gate SS」の「Google Apps連携7万アカウント突破キャンペーン」を開始した。

 「Active! gate SS」は、Google Appsと連携して動作し、誤送信によるメールや添付ファイル経由の情報漏えいを阻止するサービス。同じくGoogle Appsと連携するクラウド型のメールアーカイブサービス「Active! vault SS」をオプション搭載することができ、Google Appsのメールセキュリティをワンストップで実現する。

 キャンペーンは、7月10日から実施していた「Google Apps連携3万アカウント突破キャンペーン」が好評で、導入アカウント数が増加したことに伴い、名称を変更して実施するもの。Google Appsと連携して利用するユーザー企業を対象に、すべての機能がついたオリジナル運用プラン(共用タイプ)を初期費用無料(通常5万円)、月額200円/1メールアドレスあたり(通常300円/1メールアドレスあたり)で、保存期間1年のメールアーカイブオプションを月額150円/1メールアドレスあたり(通常200円/1メールアドレスあたり)で提供する。また、VPSサーバーによる最上位プランのオリジナル運用プラン(上司承認付き)のキャンペーンプランも用意する。

 キャンペーンの対象になるのは、2013年3月29日の申し込み分まで。