アシスト(大塚辰男社長)は、製品に関する技術サポート事業に特化したグループ会社として、株式会社アシスト北海道(ビル・トッテン社長)を、2013年1月17日に設立する。

 アシストは、Oracle DatabaseやJP1などの取扱い製品に関するサポートセンター機能を、東京・本社、西日本支社(大阪市)、山口県宇部市オフィス、中日本支社(名古屋市)の四つの拠点で展開している。今回、顧客対応の強化と災害時のリスク分散とサポート・サービスの安定的な提供を目的に、5番目の拠点として札幌市にサポート業務に特化したグループ会社を設立する。

 アシスト北海道は、製品に関するサポート・サービスの提供や顧客支援に加え、コンピュータとソフトウェアの開発、販売業務や関連人材派遣業務なども視野に入れ、地場に密着したサービスを提供する。